DJ、Re-mix、イベントオーガナイザー、各種デザインをクリエイトするM*F*S*C*のブログ
SPONSORED LINKS
Profile
Search this site.
MOBILE
qrcode
Others
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | このページのトップへ
超お得なMush-up
日本の夏の定番といえば、TUBE!
サザンはオールシーズン通用しそうなので、
やはり夏限定の刹那さという意味でもTUBEに軍配があがります。
その中でも、断トツ人気があるのは
「シーズン・イン・ザ・サン」。
サビ手前の、♪ストップ・ザ... の溜めがたまりません!
なんとかこの素晴らしい曲を、
マッシュアップに出来ないかなと。。

...とここで、なぜマッシュアップが必要なのか、
疑問を感じる方も居ると思うので、その理由を挙げてみます。

[1]オリジナリティー
完全なオリジナルという訳ではないけれど、
異なる2つ以上の曲を組み合わせるというアイデアで、
自己表現しています。
そして、その曲をDJプレイでフロアに
届けることに意義があります。
そうすることによって自分にしか作りあえない空間が、
出来きるのではないでしょうか。

[2]時間の有効活用(DJプレイ)
通常、1曲の時間は5分程度。
2曲かければ当然10分になり、
1時間の持ち時間の中では、ぜいぜい10〜12曲位でしょう。
それをすべてマッシュアップした曲にした場合、
20曲は軽く超えるでしょう。

*しかし、なんでもかんでもマッシュアップにすれば、
いいという意味ではありません。

[3]楽曲の再生(リサイクル)
手がけたマッシュアップの多くは、80年代の歌謡曲が殆どです。
当時の曲は、邦楽も洋楽も今ほど消費期限が、
短くなかったように思います。
それに、誰もが口ずさめるヒット曲がありました。
そんな曲を単にリミックスではなく、
別の曲と合わせることによって、
新しい化学反応を起こしてくれると信じているからです。


さて本題に戻り「シーズン・イン・ザ・サン」と化学反応を
起こさせるべく選んだもう一つの曲は...
ピークタイムの大定番「SAMBA DE JANEIRO / BELLINI」!!!

これを体感できるイベントは...

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Groove Trek Volume.004
80's flavor!! "Early Summer"

2006.6.10. Sat
17:00 Start!!(5Hours)
1500yen/1d (6月誕生日の方はFree!)
Foruth Floor @吉祥寺
http://fourthfloor.sub.jp/

DJ's
M*F*S*C* [J-pop]
廃工場 小火 [Rock]
kamaida [New Wave]
kkk [Techno]
Evil Penguin [Random]
| Mush-up/Re-mix | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
男と女の Summer Love Game
昭和ムード歌謡の最後の決定打!
「男と女のラブゲーム / 日野美歌&葵司朗」(1987年)を、
大胆にもMush-upの選曲にピックアップ!?
(マジです)

やはり、ここは「Groove Trek Volume.004」のテーマが、
"Early Summer"ということで、
夏っぽい曲と抱きあわせたい訳です。

元々、ミディアムテンポなので、
レゲエっぽいテイストもありつつ、
マッタリしすぎない曲なんかが相性良さそうだなと。
そこで、夏のハウスの定番であり、
まさにサマーブリーズといった感の
「Summerlove (Y & Co. Remix) /
S-Connection feat.Anabelle」にすることに!
どんなMush upになるやら...!?

題して...
「男と女の Summer Love Game」

↓その曲を体感できるイベントはコレ!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
Groove Trek Volume.004
80's flavor!! "Early Summer"

2006.6.10. Sat
17:00 Start!!(5Hours)
1500yen/1d (6月誕生日の方はFree!)
Foruth Floor @吉祥寺
http://fourthfloor.sub.jp/

DJ's
M*F*S*C* [J-pop]
廃工場 小火 [Rock]
kamaida [New Wave]
kkk [Techno]
| Mush-up/Re-mix | 03:25 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ
チョィワル中学生が好む音
中学3年になる時に「名古屋」という、
まったく知らない土地に引っ越すこととなった。
そこでは、何故かみんな「BOØWY(ボウイ)」が好きだった。
もちろん、バンド自体すでに解散していたが、
ソロ活動していた氷室京介と布袋寅泰に感化されたのだろう。
テープを借りたが、正直何が良いのか分からなかった。
というか、自分にはハード過ぎた。

あれから12年。干支でいえば一回りしたことになる。
先日思い出したようにBOØWYの"SINGLES"を購入してみた。
「悪くない。いや、むしろイイ!!」

中でも「NO. NEW YORK」に感銘を受ける。
調べたら82年の初期アルバムに収録され、
その後ずっとライブでも演奏され続け、
85年にシングルのC/Wとてリメイクされているようだ。
歌詞は、1980年に起きたジョン・レノンの射殺事件に触発され、
当時メンバーであった深沢が書いたものらしい。

今回の「Groove Trek Volume.003」に向けた、
リミックス候補にあげたい1曲である。

http://www.youtube.com/watch?v=
86cGV9K2qFg&search=no%20new%20york
| Mush-up/Re-mix | 03:00 | comments(0) | trackbacks(0) | このページのトップへ